気になる海外FX業者アナライズ

FXでの収益と節税


g7643 FXは通貨を銘柄にしている金融商品になり、投資取引を行って利益を得ていきますが、この時に発生した収益は課税の対象になります。
FXで得た収益は、その他の所得と切り離して計算される分離課税の雑所得に区分されます。分離課税には予め徴収されるものとそうでないものがありますが、FXでの所得は予め徴収されませんので、自らで確定申告を行う必要があります。

なお、FXの収益が一定に満たない場合は、課税の対象から外れるために納税をしなくて済む場合もあります。
具体的には、サラリーマンなどをしていて給与の年収が2千万円以下でFXでの収益が20万円以下の場合と、主婦などで給与などがなくFXでの収益が38万円以下の場合などがそうで、この場合は確定申告を行わなくてもよいとされています。

これを有効的に使うことで大幅な節税ができ、例えばFXで50万の収益があったとします。本来であればこれは課税の対象になるために確定申告が必要なのですが、夫婦でそれぞれに取引口座を分けて2つにし、この口座を交互に使って夫が15万、妻が35万の収益になるように取引きをしていくのです。
これにより、それぞれ確定申告を行わなくて済む形になるので、50万円に対する課税は無しになるのです。

確定申告を行う際には、必要経費も同時に申請することができます。FXを行うために必要とされる経費については、その収益から差し引くことができるため、これにより税金を安く抑えたり、払わなくてもよいとなる場合もあるので、きちんと申請することが良いと思います。

FXで必要経費とされるものの区分には様々なものがあり、まず大前提としてFX取引を行うために必要な出費だったのか、ということが問われます。
また、この最終的な判断は税務署にて行われますので、使った経費の用途をしっかりと説明する必要があります。

大まかなところでは、FX取引を行うために使った通信費などは経費となりやすくなります。
現在のFXは主にインターネットを介して行われますので、こうした通信費やプロバイダ代金、取引業者へのコンタクトに使われる通信代や郵便代などもこうした物に含まれます。
また、書籍代や消耗品なども経費になる場合が多く、例えばFXに関わる書籍や、経済新聞、それらに関わる雑誌、プリンターのインクや印刷用紙、ボールペン、ノートなども含んでいいでしょう。
この他に、FXに関わるセミナーの代金や、それに関わる交通費、会議の際などの食事代なども含まれることがありますので、領収書を取り置いておいて必要経費の計上に備えておくべきでしょう。

緩和政策

アベノミクスで株高、円安になり、大儲けをしている個人投資家が多くなっています。日銀の大規模な緩和政策により、こうしたことが起きているのですが、これからも円安基調が続くというのが一般的な見方です。

それでこの相場を読み易い今、FXで資産を運用するにはチャンスであるということができます。銀行にお金を預けているだけではほとんど儲けになりませんので、FX為替で資産を少しでも増やすようにしたいものです。昨年、そして今年からFXを始めたという人がたくさんいます。